イベント

イベント

Event

  1. TOP >
  2. イベントカレンダー >
  3. 花しょうぶまつり

Event Information

花しょうぶまつり

愛知県最大の自然湖沼「油ヶ淵」の北岸に位置する公園で、市の花「花しょうぶ」が1万8、000平方メートルの敷地に80品種・1万3千株植えられています。毎年5月下旬から6月中旬にかけ、「花しょうぶまつり」が開催されます。

開催日 2019年5月18日 から 2019年6月16日 まで
場所 油ヶ渕花しょうぶ園
碧南3大花まつり2019チラシ(8.35MB)
碧南3大花まつり2019チラシ(縮小版)(2.03MB)
花しょうぶの開花状況は?
2018年は6月第1週目が見頃でした。
現在、花しょうぶは2分咲きです。
期間中の催し物
5/18(土)、19(日) マリンスポーツフェスタ 午前9時~午後3時 水上スポーツセンター
5/18(土)、19(日) アースデイ碧海油ヶ淵2019 午前10時~午後4時 油ヶ渕遊園地
6/2(日)      碧南油ヶ淵写生大会 午前9時~午後4時 園内(雨天の場合、6/9(日)に順延)
6/2(日)、9(日) お茶会 午前10時~午後3時 1席500円(和菓子付)園内 藤棚下(雨天の場合、油ヶ淵水辺公園あずまや)

期間中毎日
応仁寺本堂開放  應仁寺と三河の蓮如上人展 午前9時~午後4時ごろ(応仁寺)
夜間ぼんぼり照明 午後9時ごろまで 油ヶ渕遊園地及び応仁寺境内一帯
インスタグラムフォトコンテスト インスタグラムで「#碧南3大花まつり2019」を付けて、素敵な写真を投稿!詳しくはチラシをご覧ください。
インスタグラムフォトコンテスト結果発表(675.6KB)
※花しょうぶは、毎年、株が大きくなり、そのままでは衰弱して、いずれ絶えてしまうため、定期的に株分けが必要です。
まつり終了後、その株分けした株を7月中旬に希望者に無料配布いたします。
花しょうぶ株分け
油ヶ渕遊園地まで自家用車でお越しいただく場合
駐車可能台数140台程度
油ヶ渕遊園地周辺に、応仁寺下駐車場・油ヶ淵水辺公園駐車場の2箇所をご用意しております。
※写生大会開催日のみ、臨時駐車場として油ヶ淵地域運動広場グランドを開放します。
油ヶ渕遊園地まで自家用車でお越しいただく場合
・阿久比インターで下り、料金所を抜けたT字信号(阿久比インター)を右折し、7キロほど道なりに進むと衣浦大橋にでます。
・衣浦大橋を抜けてすぐの信号交差点(衣浦大橋東)を右折し南下(国道247号)します。信号を1つ過ぎて最初のインター(明石インター)で下りて左折します(出口は左手より高架を登ります。信号はありません)。
・2キロほど進んだ信号交差点(浜尾橋北)を左折しますと、1キロほどで明治橋にでます。明治橋を渡り切ってすぐの信号交差点(明治橋北)を右折しますと、約1キロで花しょうぶまつり会場となります。
衣浦トンネルから
・衣浦トンネルを抜けてすぐの信号交差点(港本町)を左折し、北上(国道247号)します。信号を2つ過ぎて2つ目のインター(明石インター)で下りて右折します(出口は左手より高架を登ります。信号はありません)。
・2キロほど進んだ信号交差点(浜尾橋北)を左折しますと、1キロほどで明治橋にでます。明治橋を渡り切ってすぐの信号交差点(明治橋北)を右折しますと、約1キロで花しょうぶまつり会場となります。
国道23号線(安城方面)から
1.名古屋方面からは国道23号線の高棚福釜インターで下り、福釜町下山交差点を右折し、
2.豊橋方面からは左折し、
その後、約1.5キロ先の信号交差点(大久手)を左折していただきますと、約3キロで花しょうぶまつり会場となります。
上塚橋(西尾方面)から
・上塚橋を渡り、道なりに進み、約3キロ先(橋の信号を含めて8個目)の信号交差点(浜尾橋北)を右折し、直進しますと明治橋にでます。
・明治橋を渡り切ってすぐの信号交差点(明治橋北)を右折しますと、約1キロで花しょうぶまつり会場となります。
国道247号方面(蒲郡、幡豆郡、西尾方面)から
・西尾方面から矢作川大橋を碧南に入り、約2キロ直進します。衣浦トンネル手前の信号交差点(港本町)を右折し、北上(国道247号)します。信号を2つ過ぎて2つ目のインター(明石インター)で下りて右折します(出口は左手より高架を登ります。信号はありません)。
・2キロほど進んだ信号交差点(浜尾橋北)を左折しますと、1キロほどで明治橋にでます。明治橋を渡り切ってすぐの信号交差点(明治橋北)を右折しますと、約1キロで花しょうぶまつり会場となります。
油ヶ渕遊園地まで公共交通機関をご利用の場合
名鉄「北新川駅」下車~「くるくるバス」(市内無料循環バス)で「油ヶ渕遊園地」バス停下車(乗車時間約30分)
くるくるバス時刻表
碧南中央駅・新川町駅・北新川駅から(油ヶ渕遊園地行き)
油ヶ渕遊園地から(北新川駅・新川町駅・碧南中央駅行き)
2019年 出店者募集 【締め切りました】
花しょうぶまつり期間中、油ヶ渕遊園地内で飲食物等のキッチンカー(移動販売車等含む)を出店していただける方を募集します。
詳しくは、募集要項をご覧ください。
(1) 日 時:5月25日(土)から6月16日(日)の間の土日(営業時間自由)
(2) 場 所:油ヶ渕遊園地内(1区画3.6m×5.4m程度。)
(3) 募集数:1日2~5店。(出店日によって異なります。)(申込み多数の場合、抽選)
(4) 対 象:碧南市観光協会会員で、キッチンカー出店(移動販売車等含む)ができる方
(5) 出店料:1日2,000円~5,000円。(出店日によって異なります。)
(6) 出店物:飲食物であれば原則自由。酒類の販売も可能です。
(7) 備 考:特記事項は以下のとおりです。
      ・出店に関する事前説明会は開催しません。
      ・出店者は必ず店前にごみ箱を設置し、各自でごみ処理を行ってください。

開催場所

油ヶ渕花しょうぶ園
(あぶらがふちはなしょうぶえん)

【油ヶ渕概要】
愛知県で最大規模の自然湖。周囲6.3km、面積0.62km、平均水深は3m、海水と淡水の混じりあった汽水湖。

蓮如上人がすぐ北にある応仁寺に滞在したことから蓮如池とも呼ばれる。

油ヶ渕の名前の由来は、息子の漁の安全を祈る母のために、淵の神様が娘の姿に変え油を買いにきて岬を照らしたとの伝説による。

鯉、鮒、ボラなどの釣りが楽しめるが、近年の油ヶ淵は工場排水や生活排水の流入により水質汚濁が進み、県内でも有数の汚濁した湖沼となっており、現在周辺自治体により浄化が進められている。

油ヶ淵花しょうぶ園は油ヶ淵遊園地(花しょうぶ園)の他に蓮如上人が滞在したといわれる応仁寺、碧南市の哲学者伊藤証信氏の哲学たいけん村無我苑、哲学の小径などが一体的に整備されている。
【花しょうぶ園】
油ヶ淵北岸に位置する公園で市の花である「花しょうぶ」が1万8,000平方メートルの敷地に、80種、1万3千株が植えられている。

毎年5月下旬から6月中旬にかけて「花しょうぶまつり」が開催される。
住所 〒447-0083 碧南市油渕町2丁目内
電話 0566-41-3311(碧南市観光協会)
予約 予約不要
交通 名鉄三河線北新川駅からくるくるバス(市内循環無料バス)油ヶ渕遊園地下車、約30分

車で、知多半島道路阿久比ICから東へ約20分